« 新たなる地へ | トップページ | リンク2件追加。 »

日曜日, 5月 22, 2005

屋台街inアンブラ

昨日はマラス・アンブラでArch Angel主催でお馴染みの、屋台街にギルドで参加した。

俺は22時前から様子を見に行ってたのだが、意外にも我らが店主・sayaが先に準備していた。

珍しいこともあるもんだ。大体早くても30分前位なのになぁ。

22時を回り、人が爆発的に増えてきた。今日の盛況は並じゃないな。

そして22時半、Arch Angelの代表・ラミィさんが開会を宣言。

この日、新しい試みとしてセバ爺ことセバスチャンが、飛鳥富くじの当日販売を始めた。

今回買い忘れてしまった俺としては嬉しい限りだった。

販売方法は、ちょっとしたゲームみたいな感じで、セバ爺がアンブラのどこかにリコールし、それを見つけて先にお金を渡した人に購入権が与えられるというものだった。

そして、セバ爺がリコールした瞬間俺はエセラマを駆りセバ爺を探した。

即行見つかった。

お陰さまで、購入することが出来た。後は最後のくじ発表の時に幸運を祈るだけだ。

意気揚々と蒼熊亭の出張酒場に帰還。人がいっぱいだった。

入れ代わり立ち代り、人が来る来る。

こんなに人が来るのも珍しい。・・・やはり、早めに来ていたsayaとの因果関係が・・・?(あるわけない)

粗方時間が過ぎた頃、俺は徐にTAFの染め粉(白)で染め上げたAF白部族を被り、これまたTAFの染め粉(真紅)に染め上げたMystic表記の包丁を手に、行脚し始めた。

『わるいごはいねえがー!』

なまはげである。

過去に1回、劇団チロルの公演後にやったことがあるが、今回は随分と長く行脚した。

ぶっちゃけ、ウケ狙いであるが・・・。

まぁ、今回屋台街に来てた人の話の種にでもなれば幸いと思ってやっていた。

もういいだろうと(飽きただけだがw)、蒼熊亭の出店ブースに戻ると、なまはげが話題になっていたようだ。

思惑が旨くいったようでなによりだった。

戻ってすぐ、ハム劇場でお馴染みのシャドウサーバント(スペルワカラン)がネタ披露ということで、策士に店を任せて見学に。

短い小ネタを2本披露してくれた。流石に物足りなさもあったが次回を期待しよう。

そして閉会式。飛鳥富くじはというと・・・外れた。まぁ、そう簡単に当たってもなぁ・・・と、自分を納得させていた。

追記として、『ミナUO雑記帳』のWilhelminaが3等当選したということを付け加えておく。

今日はこの辺で・・・。

|

« 新たなる地へ | トップページ | リンク2件追加。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91992/4230402

この記事へのトラックバック一覧です: 屋台街inアンブラ:

« 新たなる地へ | トップページ | リンク2件追加。 »